銘菓 加賀志きし本舗

干菓子

 

 

加賀志きし 

北陸の都かなざわは前田百万石の城下町として知られ、さい川と浅の川の二つの清流は森の 都を生み、今も昔の城下町のおもかげを残して心のふるさといわれています。加賀志きしはもち米を精製加工したお煎餅にすり蜜を化粧引きし、四季とりどりの 花鳥風月の図案をつけました。その優雅さとほのかな和三盆糖がお口に溶け込み、淡白な風味は美術工芸いしかわにふさわしい銘菓として広くご利用いただいています。

 

加賀志きし うちわ煎餅

加賀志きしうちわ煎餅はもち米を精製加工したお煎餅にすり蜜を化粧引きし、夏の花鳥風月の図案をつけた優雅で涼やかなお煎餅。ほんのり三盆糖がお口に溶け込み、もち米のやさしい風味に心なごみます。自然乾燥ならではの、ほのかに柔らかさの残るお煎餅です。美術工芸いしかわにふさわしい銘菓として広くご利用いただいています。

手作りで自然乾燥にて一枚一枚丁寧に絵を描いていますので 7月、8月 は大変込み合います。

 

加賀志きしうちわ煎餅
加賀志きしは和三盆糖のほのかな香りと上品な舌ざわり。四季おりおりの花鳥風月が彩りを添える。加賀志きしの中のうちわの形のお煎餅との詰合せは五月から季節限定でお出ししています。金魚は落雁、水ともみじは生砂糖(きざとう)です。

 

加賀志きし 壽せんべい
金沢では 古くから結納、結婚式の際 この壽煎餅をお使いいただいてます。この壽煎餅には いろいろなサイズがありまして 多くは 中壽煎餅をお使いいただいてます。(小壽 2寸4分 右の写真)中壽 3寸

 

舞づる 
 小さな三角形に鶴の姿を模した、加賀伝統のお菓子です。口に含むと、しょうが風味のピリッ ときいた砂糖がとけていく、皮はあくまでも薄く、ぱりっとしていて手作りで手間ひまかけた、芸術品といわれています。紅と白のお目出度いお菓子は、 いつの時も人生の門出に添えられる。人は一生に一度、かならず幸せに思う日があるといわれています。紅白のお菓子をみるたびに思い出す言葉でしょう。

 

金沢城下町
麩焼きのお煎餅 宝珠(つぼつぼ模様のお煎餅に黒砂糖、卵白で味付けしたもの。)8枚、 舞づる 6個、打ち菓子、紅白の梅の落雁、獅子頭の打ち物、小松バの詰め合わせです。税込み 1080円です。

 

園の四季 
  淡く焼き色の付いたふ焼きのお煎餅の片面に、お砂糖で化粧引きしました。黒砂糖、抹茶、和三盆の味付けです。兼六園の四季が描かれ金沢の風情が感じられます。ふうわり、さくさく香ばしい懐かしい味をお楽しみください。

 

金沢日記 
 手のひらサイズの可愛らしい箱に入った、干菓子の詰め合わせです。
※季節により図柄、小物が変わります。

 

PAGETOP